ドッグショーの生まれは1859年イギリスのニューカッスルで開かれたのが始まりとされています。
ドッグショーは、基本的に犬種の理想とされる スタンダードをもとに比較審査する「品評会」なのです。
ドッグショーが始まり以後、鉄道などの輸送網の発達によって地域的スケールから全国スケールと拡大されますが、ルールが不徹底な為トラブルが続出しました。そこで、ショーの管理、法的規制を含めたルール作りを目的とした機関:ケネルクラブが1873年に設立され、以後ケネルクラブの管理下全国規模のドッグショーが開催されるに至りました。
 
   ケネルクラブが公認している犬種のそれぞれの理想的な形態(スタンダード)や特質に従って作られています。
ドックショーでは、スタンダード(犬種標準)で定めた理想像により近い犬を選出し、評価・披露することで、優良な血統を作りスタンダードにもとずく犬をブリーダー(繁殖者)が繁殖していこうとする努力を評価するところでもあります。
   
 
   
   
 

純粋犬種には、犬種ごとに理想とされている標準(スタンダード)があります。
    審査員はそれぞれを次の 6つのポイントから審査しています。

タイプ ある犬種の特色を示す特有の質のことで、スタンダードの本質の具体化をタイプと言います。
クオリティー タイプで表現された特色(犬質)の充実度や洗練度のことを指します。
コンデション スポーツ選手がコンデションにきを配るように、犬も当日の健康状態や精神状態の調整が必要です。
サウンドネス 精神的にも肉体的にも健康な状態であるか確認します。おびえたり過度に攻撃的であったり、骨格や筋肉の状態や、歯の噛み合わせが悪くてはいけません。
バランス いくら一部が秀でていても、全体の調和がとれていなければいけません。魅力的な各部のポイントが全体の
感じを損なわず、かえってその犬全体を魅力的にしていることが大切です。
キャラクター ドッグショー会場の中を他の犬と歩く時でも、何か輝くあがある、ひときわ目立つマナーがいいというような
魅力もドックショーでは大切なことです。
   
 
視審
触審
歩様審査
   
 
ショーの種類
出陳クラス
生年月日
ヘビー・マッチショー ヘビークラス 生後4ヶ月1日〜生後6ヶ月
パビー・マッチショー パピークラス 生後6ヶ月1日〜生後9ヶ月
チャンピオン
シ ップ ショー
ジュニアクラス 生後9ヶ月1日〜満1才3ヶ月
ヤングアダルトクラス 生後1才3ヶ月〜満2才
アダルトクラス 生後2才1日〜
チャンピオンクラス 生後9ヶ月以上で
チャンピオン犬の資格をもつ犬
   
    トーナメント システム表←ここをクリック
 最初に同犬種から、牡牝一頭ずつのBOB(Best Of Breed)を選出し、次にBOBを獲得犬の中から、 牡牝一頭ずつ各グループの一席にあたるBIG(Best In Group)を選出します。BIG獲得犬の中から、牡の総合一席にあたるKINGと、 牝の総合一席のQUEENを選び、 KINGとQUEENのどちらかが、ドッグショーの最高栄誉であるBIS(Best In Show)に輝きます。
ドッグショーは年齢等によりクラス分けされており、犬種部会展、連合会展、FICインターナショナル・ドッグショーにおいて単犬種40頭以上の場合、単独システムが組まれます。その場合各クラスは、それぞれオープンクラスと自家繁殖クラスに分けられます。細かいシステムはショーの種類によって異なりますので、以降で説明します。
又2006年7月以降、開催する全ての展覧会に外国公認団体 (AKC、CKC、KCを含む)のチャンピオン及びFICインターナショナルビューティーチャンピオンは、チャンピオンクラスとして出陳することができるようになりました。
   
  犬種は機能や形態によって、10グループに分けられる
 
グループ
主な犬種
1G
{シープドッグ&キャトルドッグ}
(スイスキャトル・ドッグを除く)
ラフ・コリー、ウェルシュ・コーギー・ペンブローク、ジャーマンシェパード・ドッグ 、
ボーダー・コリー、ブービエ・デ・フランダース など。
2G
{ピンシャー、シュナウザー、モロシアン犬種、スイスキャットルドッグ} ブルドック、ドーベルマン、ミニチュア、シュナウザー、
バーニーズ・マウンテン・ドッグ 、ボルドー・マスティフ、ボクサー、
グレートデーンなど。

3G

{テリア} ヨークシャー・テリア、ブル・テリア、エアデール・テリア、ボーダー・テリア、
ケアーン・テリア 、アイリッシュ・テリア など。
4G
{ダックスフンド} スタンダード・ダックスフンド、ミニチュア・ダックスフンド、
カニーヘン・ダックスフンドなど。

5G

{スピッツ&プリミティブ・タイプ}

秋田、ポメラニアン、柴、シベリアン・ハスキー、アラスカン・マラミュート
バセンジー、チャウ・チャウ 、サモエド、日本スピッツ、甲斐など。

6G
{セントハウンド} バセット・ハウンド、ビーグル、ダルメシアン、ローデシアン・リッジバック、
プ チ・バセット・グリフォン・バンデーンなど。
7G
{ポインティング・ドッグ} イングリッシュ・ポインター、アイリッシュ・セター、ブリタニー・スパニエル、
ワイマラナー、イングリッシュ・セターなど。
8G
{レトリバー、フラッシング・ドッグ、
ウォーター・ドッグ}
ゴールデン・レトリバー、ラブラドール・レトリバー、フラットコーテッド・レトリバー、
アメリカン・コッカー・スパニエルなど。
9G
{コンパニオン・ドッグ&トイ・ドッグ} プードル、チワワ、パピオン、フレンチ・ブルドック、シー・スー、パグ、
キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル、マルチーズ、ペキニーズなど。
10G
{サイトハウインド} サルーキー、ボルゾイ、アフガン・ハウンド゙、イタリアン・グレーハウンド、ウィペット、
グレーハウンド、アイリッシュ・ウルフハウンド など。
   
  上記の表によりアラスカンマラミュートは、5グループに入ります。
   
   JKCの主催するショーに出陳してCHを完成させるとJKCCHとなります。
JKCCHになる為には4枚のC.Cカード(チャレンジ・サティフィケイト・カード)が必要で、そうち一枚はM.C.C(メジャー ・チャレンジ・サティフィィケイト・カード)が含まれていなくてはなりません。
C.Cカードはクラブ展という小規模のショーで M.C.CカードはFCIインターナショナルショー、連合展及び犬種部会展で発行されます。この4枚のカードは異なる2人 以上の審査員からもらわなければいけません。C.Cカード及びM.C.Cカードはベビー・パピーショーでは発行されません。
ジュニアクラス以上(9ヶ月以上)の犬が出陳するチャンピオンシップショーでのみ与えられます。
チャンピオンシップショーでは、まず同犬種でのブリード戦が行われるわけですが、この時 ジュニアクラス、ヤングアダルト クラス、アダルトクラスの各クラスの一席犬で戦い雌雄のウイナーズを決めます。このウイナーズドッグ・ウイナーズビッチに C.Cが与えられます。C.Cカードが発行されるには3頭以上の出陳がないといけません。3頭以下の場合は、この後の CH犬をまぜて行われるBOB戦までに3頭揃えば、C.Cが与えられることになります。
ブリード戦でも自分の犬の性別の 犬が3頭そろわなかった場合は各ブリードのBOB犬が戦うエクセレント戦(FCIインター、連合展ではグループ戦)で勝てばカードが発行されます。

クラブ展ではエクセレントは13頭選出されC.Cが与えられ、FCIインターや連合展でのグループ入賞は各グループごとに 頭数が決まっており犬種の多い5Gは、3位までが入賞でM.C.Cが与えられます。
   
 

その他、いずれのドッグショーでも同一犬種で40頭以上の出陳があれば単独システムという形式になり ジュニアクラス 、ヤングアダルトクラス、アダルトクラスの他に自家繁ジュニアクラス、自家繁ヤングアダルト、自家繁アダルトクラスという 自家繁クラスが加わり各クラスに3頭以上の出陳がなかった場合は各クラスの一席犬が戦うウイナーズ戦で入賞しなく てはいけません。 また、C.Cカードと及びM.C.Cカードは最初の一枚目の取得から4枚目の取得までが4年間以内でなければなりません。3枚のC.Cカードと、1枚のM・C.Cカードが集まったら次にCD1(家庭犬訓練試験)を取得します。
CD1は紐有り 脚即、紐無し脚即、マテ、伏せ・・・等の課目があり、これも合間を見て教えておかなければいけません。
CD1を取得したら、チャンピオン誕生となります。

   
 
チャンピオン
家庭犬訓練試験
 
   
   インターナショナルビューティーチャンピオン(INT.CH)になるにはFCI展で異なる審査員が発行した4枚のCACIB(キャシブ) を取らなければ成りません。キャシブはFCI展でBOB以上の成績を収めた時発行されます。
また4枚目のキャシブは1枚目の獲得日から1年1日以上経過している必要があります。すなわち最低1年以上はベストなコンデションを維持しなければなりません。 国外で取得したキャシブがある場合でもキャシブとして認められFCIチャンピオンとして申請する事が出来ます。 またINT.CH取得に際しては、あわせて以下の登録が必要となります。
・訓練試験資格(CDI以上、GDI以上、IPOI以上、BH)のいずれかを取得。
   
 
   
   ジャパンケンネルクラブ(JKC)公認のランキングシステムがベデグリーアワードです。
  全犬種を対象としてJKC公認のドッグショウでのBOB(ベストオブベスト)を基本にポイントを与え、年間合計ポイントを 多く獲得した犬をその年のベストオブBOBとして表彰するものです。

*ベデグリーアワードのシステム
1.社団法人ジャパンケネルクラブの公式なデータに基づいています。
2.全チャンピオンショーを対象とします。
3.ポイント制とし、各犬種の牡牝ごとに集計を行います。牡牝各1頭が表彰の対象となります。
4.ポイントの対象賞位と、付与されるポイント数は次の通りとします。
(1)
全犬種展では、ベストオブブリード(BOB)に、ポイントを付与します。付与されるポイント数は、BOBまでの審査相手数とします。
(2)
単犬種展では、ベストインスペシャリティーショー(BISS)及びベストオブオポジットセックス(BOS)に、ポイントが付与さ れます。付与されるポイント数は、ベストドッグ(BD)または、ベストビッチ(BB)までの審査相手数とします。
(3)
直接の審査相手だけでなく、各犬種の牡牝ごとの全チャンピオンシップショー出陳犬を対象とします。出陳実頭数から、ポイント対象犬の1頭分を引いた数と考えると分かりやすいかも知れません。


  
 


5.年間ポイント数は、2ポイント以上取得したものとします。
6.当該年の12月末(会計入力分)現在の所有者を表彰の対象とします。

   
 
授賞式
 
   
 
@ CCカードは全犬種クラブ展で以下を対象に発行されます(出陳犬数が400頭を越える場合は、M.CCが発行されます。
   
 
WD(ウイーナーズ・ドッグ)、WB(ウイーナーズ・ビッジ) 
  チャンピオンクラス以外の各ショー区分(ベビーマッチショー、パピーマッチショー、チャンピオンシップショー)で 牡牝毎に2頭以上(該当犬を含む)の出陳頭数があればウイナーズの賞位とリボンが付与されます。
CCカードは3頭以上の出陳があれば発行。
BOB
  各ショー区分の牡牝毎に2頭以上(当該犬含む)の出陳頭数があればBOBの賞位とロゼットが付与されます。
1頭のみの場合にはグループ選出資格犬賞としてロゼットが付与されます。
CCカードは3頭以上の出陳があれば発行。 FCI展の場合はCACIB(キャシブ)が発行。2頭から選出されたBOBでもブリードキャシブが発行され、次席犬にはR.CACIB(リザーブキャシブ)が付与されます。
EXG(エクセレント・グループ)
  ブリード審査までの頭数に関係なく入賞数の枠内であればグループまたはEXGが付与されます。
ブリード審査までで当該犬がチャンピオンではなくCC及びブリードキャシブを取得していない場合は、CC及びグループキャシブ(FCI展のみ)が付与されます。
ただしグループまたはEXG審査の頭数に関わらず、ジャッジが賞位にふさわしくないと判断した場合には付与されません。
   
A M.CCは本部展、FCI展、連合会展、犬種部会展で以下を対象に発行されます。
   
  WD(ウイーナーズ・ドッグ)、WB(ウイーナーズ・ビッチ)で審査まで3頭以上の出陳があること。
BOB(審査までに3頭以上の出陳があること)。 グループ入賞。
   
B 単独システムが採用された場合は、以下が対象になります。
 
 
EX(クラスに3頭以上の出陳がある場合)。
  クラスに2頭以上の出陳犬があれば、EXの賞位とロゼットが付与されます。
CCはクラスに3頭以上の出陳犬がなければ発行されません。
RWD(リザーブ・ウイナーズドッグ)、RWB(リザーブ・ウイナーズビッチ)
  ただしWD(ウイーナーズ・ドッグ)、WB(ウイーナーズ・ビッチ)審査までに、WD・WBをのぞき3頭以上の出陳があること。 WD・WB、及びチャンピオンクラスを除く各ショー区分の牡牝毎の2頭以上(当該犬を含む)の出陳犬があれば、RWD又はRWBの賞位とロゼットが付与されます。
BOB(審査までに3頭以上の出陳があること)。
  単独システムの場合も全犬種展・犬種群展と同様。
各ショー区分の牡牝毎に2頭以上(当該犬を含む)の陣頭数があればBOBの賞位とロゼットが付与されます。
1頭のみの場合にはグループ選出資格犬賞としてロゼットが付与されます。
CCカードは3頭以上の出陳があれば発行。
FCI展の場合はCACB(キャシブ)が発行。2頭から選出されたBOBでもブリードキャシブが薄幸され、次席犬にはR.CACIB(リザーブキャシブ)が付与されます。
WD(ウイーナーズ・ドッグ)、WB(ウイーナーズ・ビッチ)
  単独システムの場合も全犬種展・犬種群展と同様。
チャンピオンクラス以外の各ショー区分(ベビーマッチショー・パピーマッチショー、チャンピオンシップショー)で牡牝毎に2頭以上(当該犬含む)の出陳頭数があればウィナーズの賞位とリボンが付与されます。
CCカードは3頭以上の出陳があれば発行。
単犬種展のBD(ベストドッグ)、BB(ベストビッチ)
  各ショー区分の牡牝毎に2頭以上(当該犬を含む)の出陳犬があれば、BD又はBBの賞位とロゼットが付与されます。CCカードは3頭以上の出陳があれば発行。
単犬種展のBISS(ベストインスペシャリティショー)、BOS(ベストオブオポジェットセックス)
  各ショー区分の毎に2頭以上(当該犬を含む)の出陳犬があればBISSの賞位とロゼットが付与sれます。
CCカードは3頭以上の出陳があれば発行。
各ショー区分の牡牝毎に2頭以上(当該犬を含む)の出陳犬があればBOSの賞位とロゼットが付与されます。
AOM:Award of Merit(アワードオブメリット)
  チャンピオンクラスの出陳頭数が多い場合を考慮して、チャンピオンクラス及びウイナーズドッグ(又は、ウイナーズビッチ)からBOBの次点として以下の枠内でアワードオブメリットが選されます。
BOB出陳数(牡牝別)
5〜10頭
:AOM1頭以内
11〜20頭
:AOM2頭以内
21〜30頭
:AOM3頭以内
31〜40頭
:AOM4頭以内
41頭以上
:AOM5頭以内
 
C CACIBはFCI展でCACIB仮証が発行され、後日CACIB仮証取得犬にFCIからCACIB本証が付与されます。
   CACIBの種類は以下になります。
 
 

.・リザーブドキャシブ

:対象はBOB獲得犬。
・リザーブ  キャシブ
:対象はBOBの次席犬。
・グループ キャシブ
:対象はグループ選出資格犬